ああああああああああああああああああああああああああああああ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPress公式ディレクトリに登録されていないテーマの場合、提供元のサイトで確認しないと、アップデートの通知を確認したり、最新版にアップデートすることが難しいですが、isotypeテーマでは、WordPress公式テーマのようにテーマのアップデートが行われた際に、テーマ一覧画面やWordPressの更新ページにて最新版のアップデート内容の確認が行えます。

up (1)

テーマを再アップロードすることなく、管理画面から自動アップデートを行えます。
ただし、カスタマイズをされている場合、テーマが上書きされますので、 テーマのアップデートにおいても影響を及ぼさないために、子テーマの設定によるカスタマイズおすすめします。

子テーマの詳細については、「子テーマ – WordPress Codex 日本語版」を参照してください。

up2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加