他の業者でガラスコーティングをされたカワサキ H2 緊急入院!!

 やっぱり来ました

他のショップでガラスコーティングを薦められて、ショップ任せでガラスコーティングしたところ、

ボディ状態がメチャメチャになってしまって、クレームも受け付けてくれないというカワサキH2。

 

緊急入院です。

 

今回の場合はガラスコーティングを施工した業者の腕前が低いのが原因です。

 

ガラスコーティングを安易に外注に出しているバイクショップにも責任は十分にあります。

 

お客様にも施工後のボディ取り扱いの注意点等がなされていませんでした。

 

これで10万円以上かかっているそうです。

 

こういう状態になってしまうとすべてやり直しか、外装をすべて新品交換です。

お店はそういう保険に入っているはずです。

 

しかし、お客様はこう思ったそうです。「やり直しをしても またこの施工業者が行うと同じ結果になってしまう」と

そのお店とはお付き合いもありますので文句も言わず、その足で当店を選んでくれました。

 

 

銀鏡ボディにガラスコーティングを施工したこ事をオーナーさん大変後悔されておりました。

 

樹脂の上にも失敗して付着&剥離しているガラスコーティング

(これはマスキングの処理技術 使うガラス剤の性質 塗布する材質の知識等すべて欠乏している状態です。)

 

DSC07957

DSC07966

DSC07965

ボディ上でも剥離しているガラスコーティング

(これもそのガラス剤の知識 施工経験 及び脱脂 下処理、 施工中の技術&知識が欠乏しています)

DSC07956

その後の取り扱いに問題があるガラスコーティングなのに、説明できないからシミだらけになってしまったボディ

 

DSC07960

DSC07962

DSC07963

DSC07967

DSC07969

 

 

せっかく施工してありますが、当店でガラスコーティング除去後、ボディリセットし、

フィルムガードシステムを施工します。

 

ピカピカのボディにお戻しした後は、傷の入りにくいスペシャルボディに変化させます!

 

プレミアムボディのH2を気兼ねなく乗れるようにしますので、しばしお待ち下さいね。

 

後日施工後の画像をUPします。