GPZ900R バイク ガラスコーティング 江東区 千葉県 松戸市 

GPZ900R バイク ガラスコーティング 江東区 千葉県 松戸市 

GPZ900R サンクチュアリで作られた車両のご依頼です。

 DSC08640

 上周り研磨後 ガラスコーティング 下回りガラスコーティングのメニューとなります。

お預かりしたときは小傷が沢山ありましたので、

 DSC08642

DSC08645

まずは軽研磨にて傷の取れ具合をチェックします。

DSC08653

次に研磨用のマスキングをします。

DSC08658DSC08656DSC08657

DSC08659DSC08660

研磨スタートです。

まずはスクリーン 傷だらけですね。

DSC08644

こちらも半分軽研磨にて傷を取ります。

DSC08662

正しい機材と知識があればコンパウンドは1種類でOK
ダブルポリッシャーで打痕が最後まで取れないショップはコンパウンドの特性を理解していない証拠です。
(打痕とは右側にある照明器具の光のフチにうっすら見えるモヤのような線傷 ダブルポリッシャーで柔らかい物を最終研磨をする際に付く場合がある。
ダブルポリッシャーを普段使わない職人さんはこれが消せないので ダブルポリッシャーがダメと決め付ける傾向にある。)


研磨はこれくらいのレベルの傷になると天井は黒で無いとが見えないので天井の色が重要です。白い天井は絶対ダメ。

 

 

こちらが研磨後です。

DSC08669DSC08670

光のフチのモヤのようなものはカメラによるものです。

テールカウル研磨前。

DSC08643

研磨後

DSC08676

その他外装も磨きます。

DSC08673DSC08674DSC08675

DSC08677DSC08678

当店は塗装を削り過ぎないようにしますので、深い傷はなるべく追いません。

バイクの見た目がピカピカになり、お客様の満足度とボディの塗装状態 価格がマッチするように作業します。

もちろん傷を完全に追うことはできます。

価格があがり、ボディの塗装状態の限界が近くなっても良いのならば一言お申し付け下さい。

 

 

ピカピカになったら マスキングを剥がして洗車します。

 

洗車後はガラスコーティング用のマスキングをします。ガラスコーティングのマスキングは飛散防止なので適度でOKです。

DSC08683

今回このGPZにかけるガラスコーティングは発売予定の新ガラスコーティングです。

タイプA(仮称)

DSC08715

2液を混合するタイプで、片方が硬化剤で~などという旧タイプではありません。

第5世代に当たる最新のガラスコーティングです。

瞬間的に塗装面に純シリカ結合させ、超撥水コートを展開するもので、施工後20分で雨天走行Okです。

混合後も液体は2日ほどは使用できます。

 

ボディを触った感じはテフロンコートされたフライパンのようなさわり心地です。

ガソリンやパーツクリーナーでも表面がダメになりません。

 

膜厚はほぼありませんが、今までのガラスコーティング剤と理論が違うため、

純シリカ膜がガラスビーズ組成を軸にシロキサン結合する為、耐久性は抜群です。

 

このコーティングは 施工から1ヶ月は超撥水 6ヶ月までは強撥水 1年までは撥水 1年半までは疎水 その後は親水になります。

完全室内保管でもそのような状態に変化します。

施工したてはハイモースコート(この商品はフッ素系ではないですが) 疎水段階からアクアミカ系のCR-1 のようなものとお考えいただいて結構です。

効果は3年ほどは持続します。初期の撥水状態に戻したい場合はこのコート剤を再度塗布するか マジックガラスコーティングを施工下さい。

 

塗布後1分でなんと表面がつや消しになります。

DSC08684DSC08687

DSC08686DSC08685

つや消しになるため、塗布し忘れが防止できます。

拭き上げは従来の物と違い 生クリームを拭くような感触で、

インターバルタイムをミスしても今までのように拭き上げ不可になったりするリスクが飛躍的に低いです。

つや消しになっているため、拭き上げし忘れミスが目視で簡単にチェックできます。

ムラにももちろんなりません。

 

拭き上げすればアクアミカ系のガラスビーズと シロキサン系の樹脂コートが結合した ヌルヌルスペシャルボディの完成です。

DSC08690DSC08691l

 

DSC08696DSC08693

ここから下回りガラスコーティングの為に、上周りをマスキングします。

DSC08700

今回は リアルコーティング5を施工します。

専用下地処理剤もきちんと使用します。

DSC08701

ガンで念入りに施工したら マスキングを剥がして完成です。

DSC08703DSC08704

 

DSC08705DSC08708

DSC08702

 

ご愛顧誠にありがとうございました!!

DSC08707