カワサキ W650 バイク フィルムコーティング スポークコーティング ガラスコーティング 千葉県 東京都 埼玉県 神奈川県 バイクガラスコーティング

カワサキ W650 バイク フィルムコーティング スポークコーティング ガラスコーティング 千葉県 東京都 埼玉県 神奈川県 バイクガラスコーティング

   カワサキ W650 のガラスコーティング依頼です。

多忙の為ブログアップが遅れていまして申し訳ありません。

DSC09261

 

今回はガラスコーティングのご依頼だったのですが、

タンクにバックをのせたり ツーリングで距離を走る使い方がメインとの事なので、

タンク&サイドカバー&メーターはフィルムコーティングをし、

スポークはサビなどの腐食から守りたいとのことなので、スポークコーティングコース

さらに下回りは汚れが簡単に落ちるようになる下回りガラスコーティングを致します。

 

 

まずは研磨からスタート!

タンクを半分磨いてみました。

この車両は元々ピカピカで新車のような塗装状態だったので、余り変化はしませんが、

このような状態でも磨くとやっぱり違うもんなんです。

右側が磨いた側です。

DSC09297

DSC09293

小傷もそうですが、くすみも取れます。

ピカピカです。

 DSC09303

サイドカバーも磨く前はこんな感じです。

足がすれるのでタンクよりも傷が入りやすいんですよね。

DSC09290

半分磨きました。

DSC09300

次はスポークを研磨します。

DSC09263

専用特殊研磨剤を調合したラインテープにて一本ずつ研磨します。

DSC09270

研磨前

DSC09264

研磨後

DSC09265

ピカピカです。

DSC09279

DSC09283

サスペンション研磨します。

研磨前

DSC09266

研磨後

DSC09268

 

ここで洗車します。

DSC09308k

細かいところも歯ブラシで脱脂洗車します。

DSC09310

DSC09309

 

乾燥したら次はフィルムを貼ります。

タンクキャップもすべて含みます。

タンクキャップのフィルムはこんな感じ

もちろんパソコンでデザインして機械でカットします。

DSC09335

はい!貼りました!

DSC09333

といっても分かりませんので、解説します。

こんな感じで5枚貼ってあります。

ほぼフルカバーです。

DSC09336のコピー

サイドカウルの画像は撮り忘れてしまいました。

メーターもフィルムガードします。

採寸は0.1mm単位でしますので、もちろんピッタリです。

小傷もこんなに消えるんです。参考にしてください。

施工前

DSC09338

施工後

DSC09341

施工前

DSC09339

施工後

DSC09340

これで本体に傷はもう入りません。

 私的な感想ですが、SPフィルムを使いボディコーティングするとフィルム上に入る傷の雰囲気は

通常ボディに比べて1/100ほどに傷の入るスピードが落ちます。

10000Km走った車両でもフィルムは100Kmほど走ったような綺麗な状態。

ましてはフィルムの下にあるボディはもちろん新品状態です。

賢い人は依頼してきています。

 

ここからスポークコーティングになります。

単純にスポークにガラスコーティングしても金属でなおかつ光沢があるため、定着率が著しく下がります。

ですので、当店はフレイムボンドと言うものでプライマーコーティングしたのちに、

厚み10ミクロン硬度9Hの金属用のガラスコーティングを1本ずつ塗ります。

(消費者を騙しているよくある9Hガラスコーティング剤ではありません)

日本でこれを行っているコーティングショップは当店だけです。

 

これでバーナーの炎でコーティングします。

DSC09344

火力調節します。

DSC09345

炎を使うと言っても加熱するわけではなく、ガラス剤を瞬時に定着させるので

対象物が傷んだりしません。

DSC09442

そのほかガラスコーティング剤が定着しにくい母剤にもフレイムコーティングします。

DSC09476

DSC09496

DSC09500

フレイムコーティングした後、ABAC電動温風ガンでアクアミカガラスコーティングします。

ちなみにホイールのハブと

DSC09514

リムは違うガラスコーティングを施します。

DSC09515

 

「金属にもガラスコーティングできますから!」そういう売り込みしているコーティングは注意してください。

「ピカピカな金属なものほどコーティングはのりません」当店ははっきり提言します。

「ガラスコーティングは塗装と同じ」

 

ボディが劣化しない次世代ガラスコーティングを目指して日夜頑張っています。

 

取りに来たオーナーさんも大満足な様子でこちらも嬉しいです!