ハーレー CVO ブレイクアウト バイク ガラスコーティング フィルムコーティング 千葉県 東京都 神奈川県 CR-1

ハーレー CVO ブレイクアウト バイク ガラスコーティング フィルムコーティング 千葉県 東京都 神奈川県 CR-1

  今回はハーレーのCVOブレイクアウトのフィルムコーティング ガラスコーティングの依頼です。

 

339万円の車体価格ですかね。

DSC01502

車体が黒ということもあり、大部分をフィルムで覆うという選択でのご希望となりました。

 

車体が曲面、複雑形状ということもあり、データ多めです。

1

まずフィルムの型を作るために測定します。

 

タンク

DSC01504

2

アンダーカウル

DSC01511

3

DSC01512

プライマリカバー

DSC01513

4

ライトカバー

DSC01515

5

 

テールカウル

DSC01517

6

DSC01516

DSC01518

その他部品もフィルムコーティングです。

DSC01509

ここは足が当たります。

DSC01507

 

フィルムの型ができたらリセット研磨します。

 

新車ですが、磨くとこんなにボディは生き生きします。

 DSC01526

向かって右側が磨いた方

DSC01530

これが

DSC01531

これに変わります。

DSC01532

タンク中央部分も傷がありますが、

DSC01534

磨くときれいになります。

DSC01535

テールカウルも

 DSC01547

綺麗に磨きます。

DSC01537

 

ちなみにこういうポリッシャーで磨きます。イタリアのポリッシャーで10万円近くの値段がします。

二輪関係を施工するショップでは導入したのは日本で当店が一番早いです。(なぜなら予約第一号ですから)

DSC01529

DSC01536

 

プライマリカバーも

 DSC01546

磨く前

DSC01540

 

磨いた後

DSC01543

磨く前

DSC01542

 

磨いた後

DSC01545

 

ライトカバーも磨きます。

 DSC01548

 DSC01538

 

フロントフェンダーも磨きます。

DSC01539

 

 

ピカピカになりました。

DSC01503

 

 

 

その後フィルムコーティング

 

 

フィルムコーティング後に一般販売店の4倍ほど濃いアクアミカガラス剤をガンで施工

その後8倍ほど濃いアクアミカガラス剤リアルコーティングスーパー7で手塗りコーティング。

 

ピカピカになり、完成です。

 DSC01618

 

オーナーさんとパチリ 楽しいバイクライフをお送りくださいませ。

 DSC01619

ご利用誠にありがとうございました。