カワサキH2フィルムガードシステム サイドカウル&フロントフェンダ 実走チェック!

カワサキH2フィルムガードシステム サイドカウル&フロントフェンダ 実走チェック!

 フィルムガードサイドカウル&フロントフェンダです。

最終的には追加部分が増えたり、フィルム結合される部分もでる可能性があります。ご了承下さい。

DSC07754s

特にフロントフェンダ下部の部分はフィルム部分を増やす予定です。

 

サイドカウルはこのようになります。

DSC07757s

DSC07753s

ご参考下さい。

 

ユーザー様が実際にツーリングでチェックもしてくれています。

DSC07784s

装備品は一番バイクボディに傷が入る革でファスナー付き。

500Kmほど走ってくれて傷チェックして貰いました。

もちろん普通に使用されています。(タイヤも端までつかっておりました)

DSC07786s

結果としてはタンクの股間部分にスレは出ましたが、他の部分は無傷でした。ピカピカです。(虫はもちろんつきますが、洗車も傷が入らずできます)

DSC07788s

スレの部分の画像です。

スレを防止するには市販されているタンクパッドをフィルムの上から

装着する事もできます。

DSC07789s

ポリウレタンフィルムは汚れを吸着しやすい特性もありますが、(表面が柔軟な為)そんな汚れはマジックガラスコーティングをかけて拭けば一瞬で除去&コーティングできます。

 

オーナーさん バイクにもフィルムガードにも興奮しておりました。

 

ガラスコーティングを選択していたら50万円ほどするプレミアムボディが飛び石で傷つき、装備品で傷だらけ、乗車するときに傷つき、なおかつ洗車の時にさらに傷が入る。

フィルムガードシステムを選択したので、そんな負のスパイラルから脱出でき「長くH2を所有できる」という正しい状態に入ることができました。