ホンダ X-4 ガラスコーティング フィルムコーティング PPF バイク ペイントプロテクションフィルム 千葉県松戸市 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

              ホンダ X-4のご依頼です。

DSC09827

走行距離はなんと2000Km台!

 

でも外装は痛んでいますので、研磨でリセットします。

 

 まずはタンクパッドは必要なくなりますので、取ってしまいます。

DSC09811

 

そして傷の取れ具合をチェックします。

DSC09834DSC09835

そして傷取り

DSC09837DSC09841

研磨時取り外せる部品は取ります。そこは超高級バイクも平素から扱う当店を信頼してください。

ブログでは主にコーティングを載せていますが、重整備もしております。

コーティングだけをしているショップとは部品取り外しの技術からして違います。

DSC09844DSC09845

 

そして見ると 傷だらけ。

DSC09846

研磨チェック

DSC09847

本研磨

DSC09851

バイクが凄い勢いで生まれ変わっていきます。

そのノリでフロントフェンダーもサイドカバーも磨きます。

DSC09858DSC09857

 

 

リセット後は他のショップだとガラスコーティングして終了。

その後お客様がどのような扱い方をしても知らん顔ですが、

当店はその後の取り扱い方はもちろん傷の入りにくいボディを極力作り上げます。

 

つまり体が当たるタンクパッド部分とサイドカウル部分をフィルムコーティング

 

いつもどおり、カットラインを決めて3D採寸

横に引いて

DSC09908

サイドを決めて

DSC09909

トップを決めて

DSC09910

センターを決めて

DSC09911

3D採寸

DSC09918

サイドカバーも同様

DSC09917DSC09919

そして2Dへ

 

貼り付けると3Dに

当店の使用しているSPフィルムは220ミクロンの為 厚みが凄いです。

同時に曲面追従率も150ミクロンフィルムとは比べられないくらい難しいです。

ですので、湾曲率が大きすぎる場合はカットラインを入れます。

接合する綺麗なカットラインを入れられるのは日本で3D採寸を唯一している当店だけです。

 

その後ガラスコーティングします。

 

 

さあ、ピカピカ傷つきにくいボディでオーナーさんと楽しんで来るんだよ。

DSC09859

  • このエントリーをはてなブックマークに追加