VFR800F バイク ガラスコーティング フィルムコーティング PPF ペイントプロテクションフィルム 千葉県 東京都 神奈川県

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VFR800F のコーティング依頼です。

DSC09903

6000Kmほど走っている車両で、

メニューはリセット研磨 フルフィルムコーティング 下回りガラスコーティングです。

 

今回はフィルムの型をたくさん採寸する為、研磨前にラインだし等を行います。

DSC00001DSC09999

DSC09915DSC09922

 

DSC09905DSC09990

パソコン内部ではなく現物でラインだしをする理由は 実際貼ったときにどのように物体がボディに当たるかを予測し、

貼りやすく、スタイリッシュに、カットラインが見えにくいようにフィルムデーターを作るためです。

パソコン上のデーターだと 実際 目に見えるボディラインと違う見え方をするので、カットラインを決める上で手間はかかりませんが、

実物の光の入り方などを考慮し、必ずライン出しを実物で行います。

この作業を含めても手採寸でトライアンドエラーをしながらフィルムを大量に消費し、出来上がる型とはかかる時間もはるかに少ないですし、

結果としましても、性能が違う物が出来上がります。

DSC09997DSC09996

DSC09923DSC09995

ここまででしたら他のコーティングショップでもできると思うのですが、

3Dデータにするという過酷な状況で挫折すると思います。

DSC09991DSC09992

 

タンクのセンターを決めるに当たって、目視にて邪魔になるものはオーナー様の許可をいただき除去します。

基本的にすぐに手にはいるデカールやタンクパッドがこれに当たります。

DSC09875DSC09994

DSC09912DSC09906

 

DSC09877DSC09876

すっきりしました。

 

DSC09993DSC09921

 

そして3D計測

メーターやヘッドライト ホンダのロゴもフィルムガードします。

無題1無題

2D切り出し

リセット研磨後、3Dフィルム施工

 

 

ではリセット研磨スタートです。

研磨前はこんな感じで小傷が目立ちます。

DSC00090DSC00091

DSC00092DSC00093

DSC00094

DSC00095DSC00096

では再生研磨スタートです。

色がソリッドのため、画像では傷が無くなった感が余出ませんが。

実際は新車以上の輝きが出ます。

下の画像はマスキングにて傷の変化具合をチェックしたものになります。

DSC00100

すべての研磨完了しました。

DSC00102DSC00103

DSC00106DSC00107

DSC00109

 

 

このオーナー様はオートバイの扱い方を良くご存知で、ボディの傷も最小限に留めており、

とても綺麗なボディ状態でした。

特に下回りの汚れ等は新車に近い綺麗さでした。

正直こんなに綺麗な使用車両は初めて見ました。

 

そしてフィルム施工します。

 タンクは継ぎ目が入っているのですが、

こちらの画像が継ぎ目になります。

DSC00110DSC00111

フィルム施工してあるのですが、とても綺麗です。

DSC00112DSC00113

こちらがフィルムの端の部分になります。

DSC00114DSC00115

DSC00117

 

とても綺麗です。

DSC00116DSC00328

DSC00329DSC00330DSC00331

安心してください貼ってありますよ。

DSC00147

 

メーターも貼った後は透明度も上がりました。

貼る前(他のVFR参考)

DSC00120

貼った後

 DSC00119

念入りにボディ洗浄した後 数日乾燥

それから下回りアクアミカガラスコーティングに入ります。

溶剤はリアルコーティング5(良くあるガラスコーティング剤の4倍ほど濃度が高いもの)を施工します。

 

アンダーカウルを外してフィルム部分にマスキング

他店でフィルムにガラスコーティングをかけているショップがありますが、

フィルムに施工できるコーティングは基本手塗りの限られたタイプです。

つまりマスキング無しで施工しては良くありません。

 

 DSC00298DSC00299

ホイールも回しながらコートするため、少しリフトさせます。

今回のパターンは下にジャッキを入れますが、

もちろんエキパイに負荷がかからないラインで行います。

フロントアクスルのセンターが貫通しているタイプはその穴でリフトさせますが、

今回はスライダーが装着されていたのでこのような形を取ります。

 

完成です。

 

今回は施工対象キャンペーン車両の最初の1台目の為、施工工賃は無料です。

●研磨代

●フィルム代(工賃サービス)

●下回りガラスコーティング代

の請求となります。

 

フィルムの型は販売予定ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

DSC00327

 

ご愛顧誠にありがとうございました!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加