2016 ninja H2 ガラスコーティング ペイントプロテクション フィルムコーティング PPF バイク 千葉県船橋市 東京都 神奈川県

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  2016 H2 続々入店しております。ただいま3台入店中です。

今年も日本一H2をコーティングしているショップと言われるように頑張ります。

今回の車両は千葉県船橋市からのお越しです。

DSC00912

 

 

 

 2016モデルは塗装につや消し剤を入れているので曇っていて

ラメが入りキラキラしていて

ブラックミラーを継承しています。

DSC00914

2016年モデルは傷が見えにくくなったとはいえ傷は傷です。

傷を防止すると共に、下地を守る最高峰のコーティングとしてフィルムコーティングは前進します。

 

3Dスキャニング技術により、2016モデル用のフィルム型を新たに作成しております。

 

追加で施工箇所が増え、既存のフィルム型をバージョンアップしております。

DSC01100

2016年も

気を抜かずにフィルムの切れ目をカウルのギリギリに追い込み、

左右含めて20箇所以上の改良点を盛り込み満足度をさらに上げております。

 

また、今まで2つだったフィルムを1つにまとめて角の露出を下げたりする工夫も入れております。

DSC01099

 今まであった型をさらに改良

DSC00921

サイドリップ部分も3Dフィルムコーティング技術でギリギリまでフィルムが展開します。

画像はフィルムが貼ってあります。

DSC00963

膝が当たる部分も大幅にサイズを拡大&見えにくい形状に変化。

DSC00916DSC00924

 

メーターのC字部分も追加で施工箇所として入っております。

DSC01139

 

 

この車両のオーナー様はタンクエンブレムをKAWASAKIマークではなく、リバーマーク仕様希望でしたので、新たに3Dスキャニング技術により、

フィルム型を作成。

11

従来はマークの穴が開いてあるだけのため、どうしてもフィルムの余波がマーク下に集中し、しわを追い込んだ跡が残ってしまっていましたが

今回のフィルム型は貼ると画像の切れ目部分がゼロクリアランスでピッタリくっつくので、

とても綺麗なリバーマーク仕様フィルムが展開します。

3Dフィルムでなければできない技術です。

フィルムを貼った後はリバーマークの取り付けをするために、並行出しを厳密に行います。

DSC01106DSC01103

並行ラインを出した後は垂直ラインを出します。

DSC01104DSC01105

マークがタンクのラインに沿って並行になるように設置しないと違和感を感じる為です。

 

参考までにマークが単純に垂直状態の位置と タンクラインに沿った位置だとこんなにも違います。

DSC01107DSC01108

 

とっても格好良く決まりました。

DSC01109DSC01110

 

フィルム施工後 洗浄し、 乾燥

下回りガラスコーティングの為にマスキングします。

DSC01111

 

完成です。

DSC01112DSC01114

 

 他店でバイク(H2)にフィルムを施工しているショップがありますが、フィルムのカットラインをキチンと画像として見せているかどうかが重要になります。

単純にかぶせて あとからカットラインをナイフなどで切り取る業者もおります。

そういう手法をとるとカットラインが綺麗に出ない可能性もありますし、下地を傷つける可能性がある。

そもそもプロテクションフィルムと言うものはあとから切れにくいです。

(少なくとも当店の特殊フィルムは貼った後カッターなどで切ろうとしても思うように切れません)

 

とにかく貼った後のカットラインの繊細な画像をホームページに載せていない業者はフィルムコーティングショップとしては3流であると思っております。

フィルムのデザイン 施工能力等をエンドユーザー様に知られたくないということですから。

 

当店のフィルムは他店のようにごまかしは一切せず 真っ向勝負です。

 

薄く透明度の低い外国製のフィルムではなく、厚く透明度が高い国産フィルムを使用します。

薄い方が施工しやすいから安易にそちらに行くのではなく、施工しにくくても施工しやすいデザインにすることで、綺麗に貼れる。

エンドユーザー様もそれを望んでいるはずです。

傷が入っても熱をかけると消えるフィルムがありますが、透明度及び耐久性(特に黄色変化が強い)が当店基準に満たない為、

当店は長期耐久性が無い スクラッチ対策フィルムは採用しておりません。

使用しているショップは長期のフィルム使用を考慮していません。

 

 DSC01137

また、フィルムを剥がしやすくするために、

フィルムの下にガラスコーティングするショップがありますが、それは車に対して有効な手段で、

身体が直接触れるバイクにとって「フィルムが剥がしやすい」が必ずしも正解ではありません。

 

極度に摩擦が当たる部分が多いバイクはフィルムがより密着しやすい状態を作らなければなりません。

剥がしやすいは剥がれやすいでもあります。

車の場合は有効ですが、バイクはNGです。

 

 

当店をご利用されるほとんどのお客様がガラスコーティングだけでは目的の満足度に達成する事ができないことに気づいていて

遠方ながら当店をご用命してくれます。

 

このタンク画像のH2も栃木県の方です。

 

当店は他店のように 単純に磨いてガラスコーティングするという作業ももちろんできます。

しかしながらそれだけではお客様の需要に答える事がほぼできません。

 

フィルムコーティング それも 3Dフィルムコーティングという技術がその不足分をカバーできると信じております。

 DSC01115l

 

当店のご利用誠にありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加