2017 CBR250RR 艶消し ペイントプロテクションフィルムコーティング ガラスコーティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017モデルのCBR250RR ペイントプロテクションフィルム ガラスコーティングの施工です。

 

多忙のためブログは久しく更新していなかったのですが、早急に告知をしなければならない車両のため、更新します。

 

今回の車両は艶消しの車体となります。

20170518_162048

 

艶消しも 半艶など色々な塗装があるのですが、今回の塗装は完全に艶消しの一番扱いが厄介なタイプです。

 

乗車した時から身体などがこすれる部分は一気に艶がでます。

 

タンクのコーションラベル等は購入後、すぐに剥がさないとラベル跡がずっと取れません。

20170524_171311

 

 

オーナー様はこの車両を大事にしたいとの事でペイントプロテクションフィルム(PPF)施工を依頼されました。

 20170518_162031

艶がある車体でしたら、研磨することができますが、艶消しは研磨を全く受け付けません。

つまり最初のコーティング作業がすごく重要になります。

ガラスコーティングは傷防止になりません。

 

技術のない嘘つきコーティングショップは「ガラスコーティングしておけば傷が入りにくくなります」と言います。

そういうショップはフィルム施工できないショップでしょう。

 

何度も言いますが、ガラスコーティングをして傷が入りにくくなるのは微々たるものです。

 

 

 

最初のコーティングショップで失敗すると大事な愛車の価値が激減することになります。

 

艶消しボディを100%守るにはフィルム施工しかありません。

また、塗装に比べてフィルムの艶消しは耐久性が段違いですので、安心して乗車できます。

フィルムを剥がせば新品の下地が顔をだすのです。

 

他店でフィルム施工できるショップはあると思いますが、施工面積および精度が当店とは全く違います。

日本で一番バイクにフィルム施工をしているショップが当店だと思います。

 

当店は3Dデジタイザで車体を計測後 デジタルでフィルムデーターを作成 のちに機械にてカットします。

型紙などで採寸したデーターとは比べ物にならない正確性を出します。

 

 

最終的にまだらの艶消しボディと完璧にガードされているボディとでは当然価格が変わってきます。

 

 

 

 

 20170518_162112

 

今回使用するフィルムは艶消し専用PPF。

艶がある車体に貼ると艶消しになるタイプです。(ステルスフィルム)

 

艶ありの車体はノーマルフィルムと自己修復フィルムと選べます。(当店のPPFは3種類が自由にお選びいただけます)

 

 

 

まずは採寸します。

黄色のラインは仮想ラインとなります。

完全艶消しのトップブリッジもフィルムを施工します。

20170525_145854

20170526_092140s

 

タンクは体が当たるラインでなおかつフィルムが目立たないように施工箇所を工夫します。

 20170518_162119

 

角が露出するとそこが擦れてツヤが出てしまいますので、角も極力巻き込みを入れたデザインを取ります。

 20170518_162139

 20170518_162143

20170525_145848

20170526_092004s

 

テールカウルも角が露出しないように巻き込みを作ります。

今回は下から上まで1枚のフィルムで施工できるように採寸します。

20170519_121516

20170519_121519

20170519_121510

 

サイドカウルも不測の事態に備えフィルムを施工します。

20170519_135952

 

 

データーを2Dに変換して、カットデーターを作成します。

 

フィルムをカット後ボディに施工いたします。

 

トップブリッジはキーホルダーが当たるラインを角の巻き込みを計算して施工します。

20170528_183515

 

画像のタンクは3Dデータで黄色の部分のみ施工してあります。

20170531_154342

20170524_084308s

 

 フィルム自体は半艶ですので、若干色が濃くなります。

20170523_201250

 

タンク施工完了です。

20170528_192252

 

20170531_154404

 

タンクサイドのウィングマーク部分も乗車中に手首が当たるポイントです。

20170528_183507

 

ホンダのロゴ等もノーマルよりも鮮明に浮き上がります。

20170531_154333

 

20170531_154325

 

上はここから 下はシート下までフィルムが展開します。(給油口付近も角を保護するデザインをしております)

20170528_192346

 

タンクセンターと太もも部分のフィルムとフィルムの継ぎ目は極力ゼロクリアランスで隣同士のフィルムが接合させます。(日本でこれができるのは当店のみです)

20170531_154354

 

 太もも部分は先端から

20170528_192357

 

下までフィルムを施工してあります。

20170528_192408

20170530_004136

20170531_154303

 

膝が当たる部位も施工してあります。

20170531_191612

 

巻き込みがここも展開します。

20170531_191608

 

 

 

アッパーカウル半分だけ施工してみました。(右半分)

色が若干濃くなります。

20170528_191932

 

 

20170528_183525

20170528_183531

20170531_154236

20170526_091932s

 

左右共施工しました。

指でさしている場所がゼロクリアランス接合部分です

20170531_154216

20170531_154230s

 

20170528_183554

 

 アッパー上部も角を保護するため巻き込みがはいります。

20170528_183607

 

メーターもプロテクションフィルムを施工します。

基本的にメーターなどは傷取り研磨ができませんので、最初のフィルム施工が非常に重要になります。

こちらはノーマルフィルムの施工となります。

20170528_183617

20170531_154538

 

上の細いスリット部分も施工してあります。

20170531_154546

 

テールの端だけ施工してあります。

20170523_201231

 

フィルムは施工済みです。シート下のあたりのクォリティをご覧ください。

20170528_183352s

 

角の突端もすべて1枚で覆っております。

20170531_154448

20170528_183440

 

 

20170530_194108

20170530_194132

 

シートを装着するとこのような感じです。

20170531_154415

 

 

角の巻き込みです。

20170531_154439

 

下はここまで。

20170531_154431

20170528_183703

 

後はここまで。

20170528_183713

20170528_183717

 

1枚で施工してあります。

20170528_183723

 

 

テールカウルの赤い部分も 鍵穴周辺およびシート付近はフィルムが施工されております。

 20170531_154409s

ヘッドライトももちろんフィルム施工してあります。こちらは防御力が一番高いノーマルフィルムとなります。

 

20170531_154603

 

艶あり塗装に比べ、艶消し塗装はフィルムが定着するのに時間がかかります。

ご了承ください。

 

 

施工後は下回りガラスコーティングをしてお渡しとなります。

下回りガラスコーティングは高級コーティングのクォーツガラスコーティングをガンにて施工します。

バイク用のCR-●などとは質がちがいます。

 

 

 

CBR250RRのフィルムデーターはこんな感じです。

ご希望によりまだまだ増やせます。

20170528_183352sf

 

 

 

 

オーナーさんにお渡しです。

 

20170531_192854

20170531_192934

 

ご利用誠にありがとうございました!

20170531_192803

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加